価値が付かなそうな車や事故を起こしてしまった車の処理で最も避けたいのは『廃車にしてしまう』ことと『ゼロ円で手放してしまう』ことです。

なので愛車の適正な買取価格を知るために買取業者の査定サイトを利用することになります。

しかし、どの査定サイトでも良いというものではなく業者の特徴や得意・不得意を理解して利用することがポイントです。

この記事では事故車買取業者の選び方をまとめていきます。

査定額が低くなってしまう原因とは

事故を起こした車を買い取ってくれる業者は大きく分けて

  1. 損傷の軽い車(小さな凹み程度)が得意な業者
  2. 損傷の酷い車(大破・水没・自走不能)が得意な業者
  3. 複数社に一括査定を依頼する業者

の3タイプです。

それぞれに得意・不得意があるので、上手に使い分けなければ査定額が低くなるばかりか、査定を拒否されることがあるので注意が必要です。

その原因で最も多いのが事故車に対する認識のズレです。

事故を起こした私たちにとっては、数センチ程度の凹みでも『事故車』と思ってしまいますが、業者の中ではその程度の車を『事故車』と呼びません。

事故車買取業界のニュアンスでいう『事故車』とは

  • 損傷が酷い
  • エンジン大破
  • 水没

などの自走不能車を指すことが多いです。

業者によって買い取りたい車が違う

例えば、損傷の軽い車をターゲットにしている業者(代表的なのはカーネクスト)は買い取った車を安価で修理し転売することで利益を上げています。

なので、エンジン大破や水没車など、修理費が高くなる車(つまり事故車)の査定は苦手で、依頼しても査定額が低い・査定を拒否されることが多いです。

どちらかというと、普通の中古車査定サイトに近い立ち位置です。

大破同然の車は部品取りが中心

一方で、損傷の酷い車(つまり事故車)をターゲットにしている業者(代表的なのはタウ)は、修理転売よりも純正部品やホイールなどの部品取りで利益を上げています。

なので、数センチ凹んだだけの車やガラスが割れただけの車の査定は不得意で査定を拒否されることが多いです。

いわゆる自走不能の事故車専門という立ち位置です。

ご自身の車の損傷具合がどの程度なのかで、利用するべき買取業者が変わってくるということです。

『急いでいるかどうか』も判断基準になる

事故を起こしてしまうと、車の処理以外にもさまざまな手続きのタイムリミットに追われることになります。

例えば

  • 修理するかどうかの決断
  • 乗り換える車の選定
  • 補償金の同意
  • 代車のレンタル期限

などなど、事故処理にはあまり日数をかけられないことが多いです。

特に見落としてしまいがちなのが、保険で用意してもらった代車のレンタル期限です。

保険の代車はたいてい1ヶ月間しか借りられませんので、手続きが遅くて期間を過ぎると自腹でレンタカーを借りることになりかねません。

ご自身がどれだけの時間の余裕があるのかによっても使用すべき査定サイトが違ってきます。

直接依頼はレスポンスが早い

当然ですが、タウやカーネクストなどの業者に直接査定を依頼すれば、レスポンスは段違いに早いです。

どちらも24時間の相談ダイヤルがあるので電話一本で依頼することが可能です。

全国どこでも無料出張査定をしてくれるので、すぐに正確な買取査定を知りたい時には直接依頼を利用するべきでしょう。

申込後、間もなく担当者からの現地査定のアポイントメント連絡があり、直接査定や写真査定が可能です。

一括査定サイトの強みとは?

対して、一括査定サイトの強みは『相見積もり』をとれることです。

事故車一括査定で代表的なカービューなら、最大で8社の査定を依頼することができるので、その中から一番査定が高かった業者を選ぶことが可能です。

申込から査定業者からの連絡があるまで2日ほど掛かり、さらにそれから出張査定のアポイントメントの案内があるので直接依頼よりも数日遅くなってしまうのがデメリットです。

事故車買取業者を選ぶフローチャート

事故車買取業者の選び方

事故を起こした車の買取業者を選ぶフローチャートを作成したので是非参考にしてください。

『損傷が酷い』『急いでいる』ならタウ(直接査定)

どんな事故車でも買い取る』がキャッチフレーズのタウは年間50,000台以上の買い取り実績を誇る業界最大の事故車買取業者です。

  • 水没
  • エンジンルーム大破
  • 足回りNG
  • フレーム歪み

のような自走不能車でもしっかりと査定してもらえます。

逆に、ちょっと凹んだだけの車は査定拒否されることもあるので注意が必要です。

急ぎの場合は24時間対応の相談ダイヤルで『修理と売却のどちらが良いか?』の相談にものって貰えますし、買取事例も紹介されているのでおすすめです。

事故車買取タウの公式サイト

『損傷が酷い』『じっくり判断したい』ならカービュー(一括査定)

車査定の大手カービューは、損傷の酷い事故車専門の一括査定サイトも運営しています。

同時8社の査定を申し込むことができるので、その中から最も高い業者を選ぶことができるので効率的です。

申込から査定額の決定まで数日を要しますが

  • 事故車の処分にお金を掛けたくない
  • 車両保険未加入で慎重に判断したい
  • 乗り換える車がまだ決まっていない

など、じっくり判断したい場合におすすめできます。

カービュー事故車一括査定

『損傷が軽い』『急いでいる』ならカーネクスト(直接依頼)

カーネクストは車検切れの不動車や廃車予定の車の買取に特化した業者です。

なので、独自で安価に修理する技術が高いため、損傷の軽い事故車の買取に強いです。

こちらもタウと同じく年中無休で24時間受付が可能で、急ぎの場合はコールセンター(8:00~22:00)に直接連絡すれば最短5分以内に回答を得られます。

ただし、事故の損傷が酷く自走不能な場合は査定額が付かないこともあるので、『ちょっと酷いかな?』と思ったらタウかカービューも併せて申し込みましょう。

ちょっと凹んだ事故車ならカーネクスト

損傷が軽ければ普通の査定サイトでもOKです

実は、『損傷が軽い』『急いでいない』のならば、普通の査定サイトを使えば問題ありません。

なぜなら、損傷が軽い車は修理して売るよりも修理せずに売った方が損失が少なくて済むからです。

【参考】車は修理してから売る?修理せずに売る?損しないのは?

上の記事でも説明していますが、車査定は資格者が厳格な査定基準に則って行います。たしかに修理していないのは見た目は悪いですが、規定以上に査定額が下がることはありません。

一括査定サイトを使うのであれば、全国にネットワークをもつ大手を中心に使用すると安心です。

ガリバー、GIGMOTOR、カーセブンなど最大10社同時に無料見積りができてレスポンスも早い『かんたん車査定』がおすすめです。

かんたん車査定ガイド