車同士の交通事故は、お互いに動いていることが多いため過失割合が0:10になるケースは希です。

相手に支払わなければならない損害賠償金額は、過失割合によって算出されますが、実際の金額は過失相殺といって『支払う額』から『受け取る額』を差し引いた金額を賠償することになります。

その場合、相手が外車などの高級車に乗っていたことにより、相手の方が悪い(過失割合が高い)にも関わらず高額な損害賠償金を支払わなければならないケースがあります。

現実問題として、高級車相手の交通事故は不利と言わざるを得ません。

過失割合と損額のパターン

まずは、一般的な車と事故を起こして、過失割合が20:80となった例を挙げます。

過失割合 損害額 賠償金額 実質負担
こちら 20% 50万円 (50+50)×20%=20

50-20=30万円の受取

20万円
相手 80% 50万円 (50+50)×80%=80

50-80=30万円の支払

80万円

お互いの修理費用として50万円が掛かることになりますが、過失相殺があるので、こちらは相手から30万円を受け取り(実質負担20万円)、相手は30万円を支払う(実質負担80万円)となります。

喜ぶ女性

修理費50万円だけど、相手に30万円負担してもらえる♪

相手が高級車だった場合

では、相手が高級車だった場合はどうなるでしょう?

過失割合 損害額 賠償金額 実質負担
こちら 20% 20万円 (20+130)×20%=30

20-30=10万円の支払

30万円
相手 80% 130万円 (20+130)×80%=120

150-120=10万円の受取

120万円

過失割合は先ほどの例と変わっていませんが今回は過失相殺によって、こちらが相手に10万円を支払い、相手は10万円を受け取る立場になってしまいました。

驚いた女性

え!?修理費20万円なのに負担が30万円?

どうして??

自動車事故の損害賠償は過失割合によって決まるので、被害者だからと言って支払いがゼロになるとは限りません。

事故全体としての修理費用が高くなると、こちらが被害者側でも支払いが発生してしまうことになります。

損害額が修理費用を超えると『全損』となるので、修理費用以上の損害額になることはありませんが、高級車や高級外車は各部品や修理代が一般の車よりも遥かに高額になりやすいです。

ちょっとぶつかっただけなのに、相手の修理費が数百万円…

などということも珍しくありませんから、例えこちらが中古車や軽自動車に乗っていたとしても、万が一の時のための対物賠償保険にはいっておくべきかと思います。

【関連】事故車は修理?買い替え?損しないのはどっち?

こっちの車の修理はどうする?

悩む女性

今回の事故、もしかしたら車の損傷もかなりのものではないでしょうか?もしかしたら修理すべきか廃車にすべきかの選択を迫られる状況に陥ってしまうかもしれません。

ただでさえ高額な賠償金や修理費が請求されるかもしれない状況なので、これ以上は余計な出費を抑えておきたいところです。

車を廃車にするかどうか、修理するのかどうかを悩んでいる場合は、こちらの記事も参考にしてください。

【関連】事故車は修理?買い替え?損しないのはどっち?

【関連】傷ついた車・動かない車を高く買い取ってもらうには?

乗り換えの『好機』かも?

賢い車の乗り換え

修理費も高いし、修理したところで査定も落ちるかも…そうなってしまえば逆転のプラス思考で『乗り換えの好機』と捉えても良いでしょう。

不必要な修理費を掛けて乗り続けるよりも、売ってしまって乗り換えたほうが長い目で見てお得な場合もあります。

車査定は1日1秒でも早い方が有利です

車の乗り換えを視野に入れる場合は、今乗っている車の価値が1円でも高い早いうちに複数社で査定をすることを強くお勧めします。

かといって一人で何社もの見積りを貰いに行くのは骨が折れますし、そうしているうちに損傷個所や不具合個所が悪化してしまっては元も子もありません。

【関連】事故車・全損の査定額を正しく知る方法は?