車で電柱に突っ込んでしまうと、最悪の場合は電柱が折れてしまうこともあります。

当然、折ってしまった本人が電柱の修理代・賠償金を支払うことになりますが…電柱の値段ってどれくらいするのでしょうか?

手続きや管理管轄についても紹介していきます。

電柱の1本の値段はいくら?10万円以上するって本当?

電柱の値段・弁償の修理代はいくら?当て逃げは大丈夫?

電柱もいろいろな長さや形状のものがあります。

だいたいの相場としては、電柱1本あたりの値段は2万円~10万円となります。

細い物・古い物ほど安く、太い物・新しいものほど高くなっていきます。思ったよりも安そうですが…?

別途、工賃が必要になります

電柱そのものはそれほど高価ではありませんが、折れてしまった場合は新しい電柱に交換する必要があります。

その場合は別途に工賃(作業費)が掛かります。

これがかなり高額で、賠償金のうちの半分以上を占めます。

賠償金合計の相場は30~50万円となるケースが多いです。

送電線・電話線の断線があった場合は要注意

電柱を折っただけで送電線や電話線が断線しなかった場合は不幸中の幸いです。

しかし運悪く断線してしまった場合には線を引き直す必要があります。

その場合は工賃・材料費ともに跳ね上がるため、残念ながら100万円以上は覚悟することります。

特に停電してしまった場合は複数の世帯への迷惑料を支払わなければいけないので、賠償金も莫大になります。

数百万円を支払ったケースもあります。

【関連】事故車は修理?買い替え?損しないのはどっち?

手続きはどうしたらいい?任意保険にはいっていない場合は?

既に警察に連絡し、加入する保険屋さんに連絡済の場合は特に必要な手続きはありません。

あとの処理は管轄の警察と保険屋さんが修理代と支払われる保険金の折り合いをつけて、対物賠償責任保険の範囲内で賠償してくれます。

任意保険に入っていない場合は?

ただし、任意保険に入っていない場合や対物補償がついていない場合はご自身で修理代を支払う必要があります。

電柱の管理管轄は

  • 電話線が通っている場合はNTT
  • 電力線が通っている場合は電力会社

となりますが、どちらの線も通っている共同使用の電線や、警察、自治体、法人が管理する電柱もあります。

見分けるには、地上からちょうど大人の顔の高さの位置に管理者を記したプレートが貼ってあるので確認してみましょう。

【関連】事故処理の手痛い出費を最小限に抑えるには?

【関連】公共物に当て逃げしてしまった場合はどうなる?