大なり小なり、車で事故を起こしてしまった時に困ってしまうのは事故車の処理です。

修理して乗り続けるのが良いのか、それとも思い切って買い替えてしまうのが良いのか、多くの人が悩むことです。

『コレ!』という正解の選択肢があるわけではなく、車の損傷具合、燃費、ローンの状況、車の価値によって選択肢も変わってきます。

損せず賢い選択をするためにも、是非参考にしてみてください。

とりあえず落ち着くのが第一

まずは落ち着きましょう

事故ってしまった直後は買い替えか修理かを冷静に決断するのは難しいものです。

保険屋さんや修理工場さんとの話し合いも控えているのでついつい焦ってしまいがちですが…

まずは落ち着きましょう。

焦って判断してしまっては、修理しなくていい車を修理してしまったり、まだまだ乗った方が良い車を手放したりしてしまいかねません。

とにかく、まずは落ち着いて慎重に判断していきましょう。

『廃車』だけは絶対NGです

事故車にとって最悪の結末と言っていいのが廃車です。

ただ2~50,000円前後の廃車手数料を支払って愛車を手放すわけですから、まさに踏んだり蹴ったり、目の上のたん瘤、泣きっ面に蜂といった仕打ちです。

事故車であっても価値がゼロということはありませんので、私たちが採る選択肢は

  • 修理して乗り続ける
  • 売って乗り換える

のどちらかだけです。

まずは廃車を選択肢から除外してください。

交通事故を起こすと事故車の処理以外にも賠償金や修理費など多くの費用がかさみますから、落ち着いて無駄な出費を最小限に抑えましょう。

愛車の価値を把握しよう

事故る前の車の価値はいくら?

修理するのか、しないのかを判断するなら、愛車の価値を正確に知っておかなければいけません。

修理工場との交渉や、乗り換える車の値引きにも使える強力な交渉材料となります。

事故前の市場価格を知っておこう

まずは、事故を起こす前にどれくらいの価値が有ったかを知っておきましょう。

高額な費用を掛けて修理する価値があるのかどうかが判断できます。

車買取の評価サイトはちょっと面倒くさいので、大手メーカーの査定フォームを活用しましょう。

  • メーカー
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • グレード

が分かれば、だいたいの価値が分かります。

大手の車メーカーなら、個人情報を入力しなくてもだいたいの価格(本当にだいたいです)が分かるので、そちらを活用しましょう。

【参考】トヨタ(公式)購入サポート

【参考】日産(公式)下取り産国価格シミュレーション

*トヨタ・日産以外の車もシミュレーションできます。

事故後の査定額を知っておこう

次は、事故後の愛車の価値を知っておきましょう。

困った女性

え?事故車に価格なんてつくの?

こんなボロボロなのに?

自走もできないのに?

と思うかもしれませんが、問題なく売れます。

というより、あまり知られていませんが事故車専門の買取業者が積極的に査定してくれます。

査定額がつけば

  • 廃車費用がかからない
  • 事故の賠償金等に充てられる
  • 乗り換えの頭金に充てられる
  • ディーラー下取りと競合させられる

など、修理する・しないに関わらず大きなメリットがあるので、廃車がいかに損するだけの選択肢かが分かります

事故車査定も普通の車の一括査定と同じくネットから簡単に申込が可能です。全国無料の出張査定で、現物をしっかりと見て査定してくれるので安心です。

【参考】事故車の買取価格を正確に把握するには?

修理費を把握しよう

修理見積もり

次に、おおまかな修理費用を把握します。

事故車を預かってもらっている修理工場、ディーラーさんに修理見積もりを貰いましょう。

一般的に、修理見積もりは正味の修理費用よりも高く出されます。

修理工場さんの立場からすれば…?

損傷が大きければ大きいほど、実際に車をバラしてみないと分からない不具合があるものです。

修理工場からすれば『見積もり金額に収まらなかった』となれば困りますからね。

整備士

実際の修理費が見積りより高くなると困るんです…

あとで揉めても困るので見積りは高めに出しますよ。

ディーラーさんの立場からすれば…?

ディーラーさんは修理屋さんではありません。車売ってナンボの方々です。

『できればウチで買い替えてほしい』といった思惑が絡んでくるのは当然です。

ディーラー

このチャンスに車を買ってもらえれば…

なので見積もりは高めに出しちゃいますね。

修理見積もりが高いことは悪いことではありません

高く見積もられる修理見積もりですが、一概にこれが悪いこととは限りません。

なぜなら

修理見積もり降りる保険金

になるからです。

加入している保険の規約にもよりますが、保険金を車買い替えの頭金にする場合は当然プラスに働きます。

『0円で引き取る』『廃車費用は要らないよ』にご用心

廃車の次にやってはいけないのが事故車を0円で手放すことです。

事故車を預かってもらっているディーラーや修理工場では

ディーラー

事故を起こしてお気の毒ですね。

事故車の処理はこちらでやっておきます。

廃車費用は要りません。

と言ってくることがとても多いですが、善意に聞こえる言葉にも裏があってのことです。

  • 安く修理して転売する
  • 車を売る取引材料にする

などの狙いがあって事故車を引き取ろうとしてきます。

彼らも商売ですから利益を求めることは仕方がありませんが、絶対に車をタダで手放してはいけません。

修理?買い替え?どっち?

事故前の車の価値と修理見積もりが出そろったら、修理をするか買い替えるかを決めていきましょう。

損しないような判断材料になれば幸いです。

修理した方が良い場合

軽微な損傷

まずは、乗り換えよりも修理した方が良い場合です。

修理見積りが10万円以下と安い場合は修理をメインに考えていけば良いでしょう。

保険を使いたくない方、保険の等級ダウンが心配な場合でも手出しで賄える金額範囲かと思います。

長期的にみても修理の方が乗り換えに比べて出費はすくなくなります。

他にもこんな判断材料も…

金銭的な余裕が無い場合

保険金を足しても車を買い替える余裕が無い場合、無い袖は振れません。

事故車や修理履歴ありの車と言われると聞こえは良くありませんが、見栄で車には乗れません。

車検を終えたばかりの車

車検が1年以上残っている場合も修理した方が良いでしょう。

車検や保険などは目に見えにくいランニングコストなので見落としてしまいがちです。

支払い(ローン)が終わっていない車

まだ支払が終わっていない場合は多少修理費が高くても修理した方が良いでしょう。

無理して乗り換えると多重ローンになることもあるので金銭的に苦しむ恐れもあります。

無理しないように。

『買い替え』が良いのは?

損傷の激しい車

修理できるにはできるけど…

  • 損傷が酷い車
  • 水没してしまった
  • 自走不能な車

など、修理費が高くなる場合や

  • 愛着が無くなってしまった
  • 修理した車に乗りたくない

など、精神的に事故車は嫌だな…という場合は乗り換えをメインに考えていきましょう。

修理費が高額な場合

修理費が事故前の評価額よりも高くなってしまう場合は、全損扱いとなるので修理する意味がありません。

高額な修理費が掛かる理由は、フレーム、足回り、エンジンルームなど主要な箇所が損傷しているからです。

修理屋さんも車を完全にバラして修理するわけではないので例え修理したとしても完全に元には戻らないと言われています。

例えばハンドルを離すとすこしずつ曲がっていく、ドアの立て付けが悪くなった…など不具合が起こらないとは限りません。

安全面でも疑問が残るので乗り続けることはお勧めできません。

ただし、無駄な費用をかけて廃車にするのは最悪です。

また、タダで修理工場に引き取って貰うのも絶対NGです。

事故車でも大事な資産ですから、例え鉄くずでも適正価格で引き取って貰うようにしましょう。

【参考】スクラップ同然・廃車同然の車を少しでも高く売るには?

愛着が無くなってしまった車

例え損傷が軽い場合でも愛着が全く無くなってしまったら乗り換えを考えても良いでしょう。

『あれだけ大切にしてたのに…』

やはり、一度ぶつけてしまった車は愛着が一気に無くなってしまう場合も多いです。

金銭的に余裕があるのであれば嫌々乗り続けているくらいなら気持ちよく乗り換えたほうが良いカーライフを送ることができるでしょう。

そうなると、修理してから売るのか、修理せずに売るのか迷うところですが

修理せずに売った方が良い

ので、次の記事も参考にしてみてください。

【参考】事故を起こした愛車を最も高く売る方法は?