Nさん 男性

通勤ラッシュ時、いつもの道を何気なく走っていました。

前の車との車間処理は10メートルほどありましたが、前の車がウインカーを出さずに左折し始めました。

びっくりしてブレーキを踏みましたが間に合わず、曲がりかけた前の車の右後ろに 私の車の左前があたりました。

警察を呼んだところ、追突事故との判断が下りました。

ウィンカー無しの左折でも10:0相当

ウィンカーを出さずに左折した車に追突

いわゆる当たり屋のような故意の急ブレーキが無い場合、ウィンカー無しであったとしても追突した際の過失割合は10:0。またはそれに近い割合となります。

明らかな相手の過失を証明できれば8:2程度まで譲歩させることができるかもしれませんが、残念ながら状況は厳しいです。

というのも、公道を法定速度で走っている場合、後方を走る車には相手が停止しても追突しない『車間距離』と『速度』と『注意力』が求められます。

相手がいくらウィンカーを出していなかったとしても、この状況で追突してしまっては不利な状況となります。

どうすれば良かったか?

今回の『ウィンカーを出さずに左折した車に追突した』事故では過失割合が10:0になってしまいました。

これでは修理代の他にレンタカー代や通院費など相手の言い値を支払わさせられることになってしまいます。

どのように対応すれば良かったのでしょうか?

自分が説明できる状況をつくる

実は、今回はNさんにとって初めての事故。

気が動転してしまい、警察の現場検証をしてもらった際、事故の状況を話していたのが相手方ばかり。

相手がウィンカーを出していなかったことすら説明できず、そのまま現場検証が終わってしまいました。

例え自分が悪かったとしてもしっかりと警察に言うべきです。

例え相手が激怒している場合でも『別々に話をさせてもらえますか?』と切り出して自分が説明できる状態を作りましょう。

状況証拠をまとめよう

自動車事故には状況証拠が必ず残ります。

今回の件も実際は追突事故との判断がなされましたが、もし相手の車の損傷が後方ではなく左後方のやや側面であれば、追突ではなく曲がる途中の車にぶつかった証拠でもあります。

相手がウィンカーを出さずに曲がったことに加え、急に左折を行ったとの主張ができたかもしれません。

過失割合や賠償金額の不服を申し立てる

過失割合が10:0の場合は、相手の『言い値』を支払わさせられる状況と言っても過言ではありません。

良心的な人であればいいですが、取れる物は取ってやろうと考える人も皆無ではありません。

特に通院費、レンタカー料金は注意が必要で水増ししようと思えばいくらでも膨れ上がります。

よく揉める事例として

車修理の間にレンタカーを1ヶ月借りたと言われれば、レンタカー代だけで約20万円は請求されてしまいます。

任意保険に弁護士特約や自動車事故対応可能な無料相談の弁護士さんに相談して不服申し立てするのも良いでしょう。

車の修理費用はどうする?

追突してしまった場合、過失割合が10:0に近くなってしまい、自分の車よりも相手の車を賠償する羽目になってしまいます。

こちらも大きな損害が出ているのに、出費が重なって踏んだり蹴ったりですよね…

自分の車を修理するのか、それても廃車にするのかは皆さんかなり悩まれるようです。

修理費と廃車費用、市場価格の兼ね合いを見て冷静に判断しましょう。

【関連記事】事故車は修理?買い替え?損しないのはどっち?

ドライブレコーダーを搭載する

ウィンカーを出した、出さなかった、急ブレーキを踏んだ、踏まなかったを議論しても、結局は当人の記憶や感覚に頼るものになってしまいます。

確実な状況証拠を固めるのであれば、ドライブレコーダーの搭載が確実です。

事故直後に気が動転したり、自分から強く言えない性格の方でもドライブレコーダーを解析すれば 、その時の状況を偽りなく分析し主張することが出来ます。

弁護士特約の自動車保険に入っていれば、鬼に金棒となるでしょう。