タイミングベルトの交換費用

車の駆動系の重要な部品としてタイミングベルトがあります。

『タイミング』の名の通り、タイミングベルトで駆動する各部分を同調させるための部品で、タイミングベルトが切れた場合は走行不能となります。最悪の場合、エンジンまで故障してしまい廃車…というケースもあります。

タイミングベルトの交換周期は?

タイミングベルトの交換目安となる走行距離は10万kmとされています。

これは10万km走れば必ず切れてしまうのではなく安全係数を掛けた数字で、『交換するのが望ましい』というラインです。なので15万、20万まで走っても問題の無い場合もあります。

ただ、確かに走行距離10万kmを超えるとポツポツ切れる車が出てくるのは事実で、さらに10万kmという数字が動作保証されるわけでもありませんので、10万kmを目安に交換することが無難でしょう。

ベルトが切れる前兆はある?

タイミングベルトが切れる前兆を素人が感じるのは非常に困難と言われています。

タイミングベルトはチェーンタイプとベルトタイプの2種類がありますが、切れる寸前にはベルトの歯が飛んでしまったり摩耗したりするので、エンジンの動作が著しく悪くなります。

異音もしますが、『おや?』っと気付いた次の瞬間にはバンッ!と切れてしまうことがほとんどです。

整備士

タイミングベルトは突然切れるので走行距離10万kmを目安に交換するのが安全です。

【関連】修理してから売る?修理せずに売る?損しないのはどっち?

【関連】事故車は修理?買い替え?損しないのはどっち?

タイミングベルトの交換費用は?

タイミングベルトを交換するときはエンジン、ミッションを車体から下ろす必要があります。

少し大がかりな作業になりますので部品費用、工賃を合わせて10万円程度が相場となります。

ウォーターポンプの交換も勧められます

大抵の場合、タイミングベルトと同じく10万kmで交換した方が望ましいウォーターポンプを一緒に交換するように勧められます。

ウォーターポンプは車のエンジンを水冷するための水を循環させるためのポンプで非情に重要な部品です。中にはタイミングベルトで駆動しているものもあります。

ウォーターポンプを交換する時もエンジン、ミッションを車体から下ろす必要があるので同じタイミングで交換してしまえば工賃は一回ですみます。

タイミングベルト交換と合わせても相場は15万円程度でしょう。

整備士

タイミングベルトと同じくウォーターポンプも寿命を迎えることが多いので一緒に交換するのが望ましいです。

修理期間は?

修理期間は混みようにもよりますが1週間程度をみておきましょう。

ディーラー?修理工場?

車のタイミングベルトの交換には比較的高度な技術を要するため、ディーラーで修理する方が良いでしょう。というのも、タイミングベルトは車種によって造りが違うためです。

ディーラーを経由しても結局は下請けの自動車修理工場に出されることが多いので直接自動車修理工場出す方が安いですが、ディーラーにてしっかり部品と知識がある自動車工場を選んでくれていると考えることもできます。

また、ディーラーで修理すれば整備保証が付くのでその点でも安心でしょう。

【関連】修理してから売る?修理せずに売る?損しないのはどっち?

【関連】事故車は修理?買い替え?損しないのはどっち?

乗り換えの『好機』かも?

賢い車の乗り換え

修理費も高いし、修理したところで査定も落ちるかも…そうなってしまえば逆転のプラス思考で『乗り換えの好機』と捉えても良いでしょう。

不必要な修理費を掛けて乗り続けるよりも、売ってしまって乗り換えたほうが長い目で見てお得な場合もあります。

車査定は1日1秒でも早い方が有利です

車の乗り換えを視野に入れる場合は、今乗っている車の価値が1円でも高い早いうちに複数社で査定をすることを強くお勧めします。

かといって一人で何社もの見積りを貰いに行くのは骨が折れますし、そうしているうちに損傷個所や不具合個所が悪化してしまっては元も子もありません。

【関連】事故車・全損の査定額を正しく知る方法は?