ブレーキの交換費用相場は?

ブレーキを踏むと『キィィーー』とか『ゴォォォー』と異音が鳴る場合は、速やかにプロに診てもらった方が安全です。

異音の理由として考えられるのは

  • ブレーキパッド(ブレーキシュー)の劣化・摩耗
  • ブレーキ関係部品の潤滑・当たりの問題

が疑われますが、ブレーキパッドの劣化・摩耗が原因の場合は深刻な故障や事故に繋がる危険性があるので早急にプロに診断してもらった方が良いです。

後者は希ですので、ブレーキパッドが劣化・摩耗した際の交換費用や寿命について紹介していきます。

ブレーキパッドの寿命はどれくらい?

ブレーキパッドは、表面がディスクローターに接触し、摩擦で回転を止めるものです。

一概にブレーキパッドの寿命は一般的には3万~3.5万キロのあたりで寿命を迎えると言われています。

ただ、寿命は普段の乗り方に大きく左右されます。

坂の多い所を走っていればブレーキパッド損耗は早いですし、高速道路など長距離運転が多いなら損耗は遅くなるでしょう。

*例はディスクブレーキの場合

そのまま交換しないとどうなる?

ブレーキパッドは新品で10ミリ程度の厚みがあり、残り3ミリくらいになると交換の目安となります。

(パッドの真ん中に「溝」が切ってあるはずなので目印になります。)

摩耗する表面がなくなるとディスクローターとブレーキパッドのフレーム部分が接触しひどい音が出るようになります。

なので、「音が出る」時点で時すでに減り過ぎの状態が疑われます。

そのまま交換をしないとディスクなどの部品そのものを摩耗していくことになり思わぬ故障・出費の原因になってしまいます。

整備士

ブレーキ関係の部品は修理・交換が遅いと他の箇所まで痛みます。

異常を感じたら早めに修理工場に持って行きましょう。

交換費用の相場は?

ブレーキパッドは消耗部品なので交換となります。

車種によって取り換えるブレーキパッドが違うので、種類によって値段の差が大きいです。

前後でブレーキの種類が違うかも?

たいていの車の場合はフロントがディスク式でリアがドラム式といって、それぞれ違う構造になっています。

(軽自動車やグレードが低い場合は前後ディスクブレーキの場合もあります)

修理・交換費用も若干違ってきますので、あらかじめチェックしておくといいでしょう。

ディスクブレーキの場合

ディスクブレーキの交換費用は?
ディスクブレーキの場合は

  • ブレーキパッド
  • ディスクローター

の2つで構成されており、それぞれ一ヵ所単位で交換となります。

ディスクブレーキ部品価格の相場

ブレーキパッド(軽自動車):6,000~8,000円/個

ブレーキパッド(普通車):7,000~9,000円/個

ディスクローター:7,000~10,000円/枚

+工賃が必要です。

また、ディスクローターが錆びたり摩耗している場合は研磨費用が掛かる場合もあります。

整備士

4輪分全てを交換したとなると、15,000円×4輪+工賃となり非常に高額になってしまいます!

異常を感じたらすぐに持って行きましょう!

【関連】修理してから売る?修理せずに売る?損しないのはどっち?

【関連】事故車は修理?買い替え?損しないのはどっち?

ドラム式ブレーキの場合

wikipediaより
画像引用wikipediaより

ドラム式ブレーキの場合は、ブレーキパッドと同じような役割をするライニング(ブレーキシュー)という部品を交換することになります。

  • ライニング(ブレーキシュー)
  • ブレーキドラム

の2つで構成されています。

ライニングはもともと厚みが5mm程度しかありませんがディスクブレーキと比べて摩耗しにくいので寿命は長くなります。

2mm程度で即交換レベルで、寿命はディスクブレーキのおおよそ2倍でと言われています。

一般的にはディスク式ブレーキ2回とドラム式ブレーキ1回の交換周期が同じになるとされます。

ドラムブレーキ部品価格の相場

ブレーキシュー・・・1,000円~2,000円/枚*1

ブレーキドラム・・・5,000~20,000円/個

*1ブレーキシューは1か所につき2枚使用します。

+工賃が必要です。

ブレーキドラムを交換することは稀で、研磨・整備で済むことがほとんどです。

ただ、ブレーキシューの交換が遅いとブレーキドラムにまでダメージが蓄積されて交換する羽目になってしまいかねませんので早めの交換をお勧めします。

交換に掛かる時間はどれくらい?

交換作業自体はそれほど時間のかかるものではありません。

ブレーキパッドの在庫があれば予約なしで日帰り早ければ60分ほどで完了するでしょう。

【関連】修理してから売る?修理せずに売る?損しないのはどっち?

【関連】事故車は修理?買い替え?損しないのはどっち?

修理はディーラー?修理工場?

最近ではディーラーでも下請けの修理工場に依頼している所も多くなっているのでどちらでも変わらないと思います。

安くすませたいと思うのであれば修理工場がお勧めですが、何かあった時の保障などアフターサービスを求めるようであれば、その分の工賃を払ってディーラーですることをお勧めします。

オートバックスやイエローハットのポイントカードを持っているのであれば、修理工場を利用しても良いでしょう。

乗り換えの『好機』かも?

賢い車の乗り換え

修理費も高いし、修理したところで査定も落ちるかも…そうなってしまえば逆転のプラス思考で『乗り換えの好機』と捉えても良いでしょう。

不必要な修理費を掛けて乗り続けるよりも、売ってしまって乗り換えたほうが長い目で見てお得な場合もあります。

車査定は1日1秒でも早い方が有利です

車の乗り換えを視野に入れる場合は、今乗っている車の価値が1円でも高い早いうちに複数社で査定をすることを強くお勧めします。

かといって一人で何社もの見積りを貰いに行くのは骨が折れますし、そうしているうちに損傷個所や不具合個所が悪化してしまっては元も子もありません。

【関連】事故車・全損の査定額を正しく知る方法は?