ハスラーの廃車費用相場は?

スズキ・ハスラーは『遊べる軽』がキャッチコピーの軽自動車。

積載量も多く、アウトドアも難なくこなす実用性の高さが魅力です。

そんなハスラーの廃車費用の相場はどれくらいでしょうか?

体験談を交えて解説していきます。

信号が変わる間際の追突事故

Oさん 女性の体験談

買ったばかりのハスラー

目的地までナビを頼りに、街中の道路を走っている時でした。

歩道の青信号が点滅したため、車道も赤に変わるかなというところです。

前を走っていた車のブレーキランプがついたので「止まるの!?」と思い私もブレーキに足を起きましたが、その車は再び加速。

「あ、行くんだ」と思い私もアクセルに足をおいて加速した途端、前の車は再び急ブレーキ…も虚しく追突してしまいました。

エアバッグが飛び出てフロント大破

気がついたときにはエアバックに顔を埋めていました。

『やってしまった』と思い慌てて外に出ると、ボンネットとフロントがペシャンコに潰れていました。

60万円の修理費用

購入時にお世話になったばかりのディーラーにハスラーを運んでもらいました。

どうやらエンジンまでダメージが行っているとのことで修理費用は60万円はかかるとのことでした。

買ったばかりでしたが、60万円の修理費となると新車価格の半分以上となってしまうので…泣く泣くハスラーを廃車にすることにしました。

ハスラーの廃車費用の相場は?

廃車に掛かる費用は?

一般的に、廃車費用にかかる費用手数料は

  1. 自動車リサイクル料(車種で異なる)
  2. 解体費用
  3. レッカー費用(自走不能な場合)
  4. 登録抹消費用

合計となります。

内訳が少々ケースバイケースとなりますので、大まかな相場としては

  • 普通車であれば20,000円
  • 軽自動車であれば18,000円
  • 外国車であれば25,000円
  • 大型車であれば30,000円

さらに自走不能なら+レッカー代10,000円程度が必要になります。

廃車費用の合計は?

ハスラーを廃車にする場合、

国産軽自動車で18,000円、レッカー費用で5,000~10,000円

合計28,000円程度の廃車費用が掛かると考えられます。

修理費用・車両価格・廃車費用の兼ね合いをみて、修理か乗り換えかを判断するのが良いでしょう。

【参考】事故車は買い替え?修理?損しないのはどっち?

『タダで引き取りますよ』は騙されてる?

事故った私たちとしては事故処理の他、修理費と新規購入の金銭的な兼ね合いで頭の中がパニックになっていることでしょう。

しかし、それを良いことに大事な資産を接収してしまおうとする業者も少なくありません。

特に

ディーラー

『費用は頂きませんので、こちらで引き取って処理しておきますよ』

という修理工場や販売業者の甘い言葉にはご用心!

これは、廃車費用不要で車をタダで引き取っておきながら、使えるパーツや修理した車を売って利益にしようとする目的が隠れています。

事故車でも私たちの大切な資産です!

事故を起こしたときこそ冷静な判断が必要です。

STOP!廃車は損するだけ!

一般的に、車を廃車(永久抹消登録)しようとする時は2万円~5万円の費用が掛かります。

今までは修理費と修理後の査定額のみを比較して廃車するかどうかを決めていましたが、最近では廃車するような車でも業者が買い取ってくれるケースが増えています。

【参考記事】 事故車が売れる仕組みとは?どうして値段が付くの?

事故車・廃車予定車の買取は『売ってしまう』のがおすすめです

事故車買取の専門業者が安心です

事故車や廃車の買取業者は多くありますが

ガッツリぶつけてしまった場合

事故車なら何でも来い事故車買取のタウがおすすめです。

タウのすごいところは、自走不能車やエンジンが大破してしまった車でも0円以上で買い取ってくれるところ。

しかも廃車手続きでは請求されてしまうレッカー費用や査定費用などの追加料金は一切かかりません

ということは、数万円を支払って廃車にするより断然出費が少なくなることになります。

早く査定額を知りたいなら「タウ」が最速

急ぎの場合、「タウ」ならフリーダイヤルで24時間対応可能で助かります。

流行りの同時査定も便利ですが、複数業者が絡むことで時間も掛かりますし、中間マージンも掛かります。

次に乗る車も探さなければいけませんし、代車のレンタル期限自動車税の納付期限も迫ってきます。ちょっとした対応の速さが不要な出費を抑えるカギになります。

まずは確かな一社で事故車の見積もりをとることで今後の対応や手続きがスムースに運ぶはずです。

タウの無料買取査定は⇒こちら

全損扱いの事故車でも『あなたの資産』です

事故車の処理は面倒くさいものです。自分が事故った時の事を思い出したり、正直言って

さっさと蹴りをつけてしまいたい

と思ってしまうかもしれません。ただ、ここで妥協して廃車にしてしまっては10万~20円は軽く損してしまうことにもなりかねません。

全損扱いの事故車でも貴方の資産です。

廃車するには2~5万円の費用が必要になる一方で、専門の買取業者なら査定額は0円ではありません

交通事故で被った被害以外の余計な出費をしないためには、妥協のない事故車処理をしましょう。

浮いたお金があれば次に乗る車の頭金にしたり、他の用途に充てるなど対応の選択肢が広がります。

無料査定申込500

▼タウの公式ページはこちら▼

より高く買い取ってもらいたい場合は?

金額交渉の基本は相見積もりを取ることです。

複数の買取業者で見積りを取って天秤に掛けて一番高いところに引き取って貰いましょう。

また、レッカー移動した先がディーラーの場合も『乗り換える車の頭金にしたい』と伝えれば、買取価格も高く設定してくれるはずですし、買取業者の見積りを引き合いに出して価格交渉の材料としても活用できます。

ネットの事故車買取ランキング

『事故車買取のタウ』以外にも事故車や廃車専門で買い取り査定をしているサイトがあるので紹介します。

事故処理や廃車処理には思った以上に出費がかさみます。少しでも不必要な出費を減らすためにも相見積もりを取っておきましょう。

第1位 株式会社タウ
No.1は業界最大級の買い取り実績をもつ株式会社タウです。
エンジン大破、足回り損傷、水没、ボンネットくの字何でも来いの激しい事故車も買い取ってくれる業界のパイオニアです。ただし、逆に小さい凹み傷程度の損傷の軽い車の買取は不得意です。
実際の買取事例と買取価格が多く紹介されていて目安にしやすいサイトです。

株式会社タウ 公式ページはこちら
第2位 カービュー事故車査定
No.2は車専門SNSの『みんカラ』が運営するカービュー事故車査定です。
最大8社の同時査定が可能かつ2営業日以内に査定結果が分かるので対応が早いのも魅力的。
事故車だけでなく水没車も査定してもらえます。

カービュー事故車査定 公式ページはこちら
第3位 カーネクスト
No.3は査定額が最短5分で分かるカーネクストです。
ただし、損傷の激しすぎる車は買い取りは不得意で値段が付かないことも。小さい凹み、バンパー脱落程度の軽度の損傷が得意です。

カーネクスト 公式ページはこちら