見通しの悪い交差点で一旦停止後に右側からの車と激突!過失割合は?

信号の無い見通しの悪い交差点に進入するときは特に注意が必要ですが、これは一旦停止表示がある側だけでなく、表示が無い直進側にも言える事です。

一旦停止後に徐行で交差点に進入し、右側からの車と衝突してしまった場合、過失割合はどうなるでしょうか?

実際の体験談を交えて解説していきます。

ミラーを見落として交差点内に侵入

Uさん 女性の体験談

まだ昼頃で明るい時間帯でした。

見通しの悪い信号のない交差点で左右を確認しようとそろりと頭を出し、車が見当たらなかったので、前へ進んだ瞬間、右側から来た乗用車と衝突してしまいました。

私自身、今から帰宅するということで気が緩んでいたのかもしれません。目の前にあるミラーを見落としていました。

私の車は衝突の衝撃で右側方向に車両の向きが変わり、相手方の車両は前方がぺしゃんこになりました。

すぐさま、相手方の方に行って、けがの状況を確認。相手の男性は意識があって、言葉もしっかりしていたので、警察と救急車に連絡。

自分自身の住所と連絡先を相手方に教え、後日、入院先の病院まで菓子折りをもってお見舞いに行きまいした。

事故の詳細状況は?

こちらの状況

  • 一旦停止の標識有
  • 停止後10km/h程度で交差点に進入
  • カーブミラーの見落とし
  • センターラインの貫通なし

相手の状況

  • 一旦停止の標識無し
  • 法定速度(40km/h)で直進
  • 交差点進入時の減速なし

私の車種はフィットハイブリット。

右側の前輪部分が大破。タイヤハウスに大きい凹みが見られました。

相手側は前のエンジンルーム全損し、室内のエアバックが開いて相手方の男性が頭を打つ怪我をしました。

過失割合は?

今回の信号機のない見通しの悪い交差点一旦停止後に右側からの車と衝突した事故は

過失割合は8:2となります。

こちら側のカーブミラー見落としによる右側確認不足が大きな過失となることが大きな原因です。

しかし、相手側も信号機の無い見通しの悪い交差点減速せずに進入していることから、2割程度の過失が認められることになるでしょう。

もし、相手が減速して交差点に進入していれば、85:15~9.0:1.0とされても不自然ではありません。

過失割合が確定するまでの期間は?

お互いの保険会社と協議し賠償責任の割合が決まるまでは3週間~4週間ほどかかりました。

今回の場合、法定速度で直進していた被害者側の過失が2割も認められたため納得していなかったようですが、過去の判例を鑑みると妥当な割合です。

交通事故の過失割合は過去の判例の影響を大きく受けるため、それを覆すのはよほどの状況証拠がなければ厳しいのが現実です。

【関連記事】過失割合が確定するまでに事故車をどうするか決めておきましょう